2008年6月24日 (火)

ミニシアターで音楽三昧

札幌・狸小路にあるミニシアター、「シアターキノ」。
前から行ってみたいと思いながらもなかなか行けずにいたのですが、札幌3年目にしてようやくキノデビューすることができました。そして今月鑑賞したのがこの2本。
Kino1_3

「グレン・グールド 27歳の記憶」

「ラフマニノフ ある愛の調べ」




最近なぜかクラシック音楽に惹かれているので、たまたまこれらの映画の存在を知り、しかも札幌で上映されているということで迷わず見に行きました。

グレン・グールド 27歳の記憶」は、カナダ出身の天才ピアニスト、グレン・グールドの若き日の様子が見られるドキュメンタリー映画です。ちょっと前にあるテレビ番組で、グールドがバッハの「ゴールドベルク変奏曲」を弾いている姿を目にして以来、なんとなく気になる存在だったのですが、そんな時にこのようなフィルムに出会えるとは嬉しい限りです。グールドの持つ強烈な個性、非凡さが十分に伝わってきました。

「ラフマニノフ ある愛の調べ」
は史実を元にラフマニノフの半生を描いた物語です。「ピアノ協奏曲 第2番」は元々大好きな曲だったのですが、映画を見終わってラフマニノフ本人による演奏をじっくり聴いてみたくなりました。
ただ、映画のラストはちょっと私的にはイマイチ。愛をテーマにした映画だからあれはあれでいいのかな。うーん。。。

この映画を見終わった後、映画館に併設されているキノカフェで「ラフマニノフのケーキセット」なるものがあったので食べてみました。
Kino2
グレープフルーツのシフォンケーキとコーヒーのセット。ジャムがついてるところがロシア風?さっぱりした味でなかなか美味しかったです。

今週末からは、フィラデルフィア管弦楽団の日常に迫ったドキュメンタリー映画「オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密」が上映されることになっており、それもできたら見に行きたいなと思ってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

早朝の風景

明るくなるのが随分早くなりました。
早朝の公園は、静かでとても気持ちのいいものです。
心なしか、いつもの風景も違って見えるような・・・

[撮影:くろなま(旦那)]   ※ちょっと前、5月下旬のものです。
Hayaoki1

Hayaoki2

Hayaoki3

Hayaoki4


朝の光がやさしく植物たちを照らしていました。
たまには早起きするのもいいものですね。

モカ「まぶしいにゃ。まだカーテン開けないでほしいにゃ」
Hayaoki5

・・・まだゆっくり寝ていたいんだね(^_^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

高山植物の宝庫・アポイ岳

先月の話題になってしまいますが・・・
ゴールデン・ウィークの真っ只中、友人と日高方面へ遊びに行ってきました。
メインの目的は、アポイ岳に登ること。アポイ岳は日高山脈の南端にある山で標高810m、貴重な高山植物がたくさん見られることで有名な山です。その高山植物群落は国の特別天然記念物にも指定されています。

札幌からはちょっと遠いので麓の町に前泊し、準備を調えていざ登山開始!天気にも恵まれ、雲ひとつない快晴でした(写真ではちょっと伝わりにくいですが・・・)
Apoi1


誰でも手軽に登れる山のはずですが、結構すぐに汗ばんできました(日頃の体力不足を痛感・・・)。
Apoi2


途中、何度も休憩をとりながら登っていきます。ここは七合目あたり。山頂はまだ先の方・・・
Apoi3


山頂へと続く稜線をどんどん進んでいきます。この辺りは見晴らしもよく、振り返れば太平洋が広がり、とても気持ちよかったです。
Apoi4


登山開始から約3時間後、無事に山頂に到着しました(←かなり休憩とってます)。山頂からの眺めは(樹木に遮られて)あまりよくなかったので省略。

お目当ての高山植物もたくさん咲いており、私達の目を楽しませてくれました。
Apoi5 Apoi6

Apoi7 Apoi8


下山後は近くの温泉に浸かって疲れを癒し、札幌へと戻ったのでした。ちょうど翌日が誕生日ということもあり、いいバースデー記念登山となりましたcute
なかなか楽しめたアポイ岳登山、ぜひまた挑戦したいです。今度は更に先のピンネシリ山まで縦走といきたいですshine


ポロン、高い所に行ってきたんだよ~いいでしょ?おや?

ポロン「もっと高い所に行くにゃmoon1
Tothemoon


そ、そこは・・・sweat02
そんな高い所を目指すの~?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

ザ・あくび

ある日の昼下がり、モカがハンモックでまったりくつろいでいました。
Akubi1

「ファ」
Akubi2


「ファ・・」

Akubi3 


「フワァ~ア」

Akubi4_2


「ハー」

Akubi5_2



そしてまた、何事もなかったかのようにくつろぎポーズに戻るモカなのでした(^^)
Akubi6

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

プリンスアイスワールド

あいにくの雨降りとなった昨日の日曜、月寒体育館で行われた「プリンスアイスワールド2008・札幌公演」を観に行ってきました。午前・午後と2回公演があったのですが、私が見たのは午後の方です。
今年に入ってからアイスショーを観るのはお正月の「スターズ・オン・アイス」に続き2度目。「プリンスアイスワールド」は去年の秋公演以来、こちらも2回目の鑑賞となります。

早速、プログラムの感想などいくつか書いてみます。

◆荒川静香・本田武史・恩田美栄によるコラボレーション
曲は「シェルタリング・スカイ」。メロディが流れた瞬間からぞくぞくっとしました(←坂本ワールド好きなもので)。3人でのコラボってどんな感じなのかと思いましたが、あのちょっと無機質で冷たく悲しい雰囲気の音を素敵に表現していたと思います。でもプログラムとしては短かったのが残念・・・もう少しあの世界に浸っていたかった。。。

◆武田奈也
曲名が分からなかったのですが、後で調べたら「ハイスクール・ミュージカル」というものらしいです。前半はしっとりした曲調で、後半からはアップテンポにガラっと変わり、ノリノリで元気一杯に滑ってくれました。武田さんはとにかく笑顔が素敵ですね。見ているこちらも元気になれる、明るい笑顔が印象的でした。

◆中野友加里
曲は「ムーランルージュ」。何シーズンか前にSPで使っていた曲ですね。エキシビションナンバーとしてまた観られるとは(しかも生で)思っていなかったので驚くと同時に嬉しかったです。他の選手と断然違うと思ったのはやはりスピン。どのスピンも速くて綺麗でした。もちろんドーナツスピンも!衣装も髪型も前とは全然違っていて(前髪がかわいかった)、また違うプログラムを観ているような新鮮な気持ちで楽しめました。

◆柴田嶺
曲は「オペラ座の怪人」。最初白いマスクを持って登場、途中でリンクからいなくなり「おーい、どこへ行った?」と思ってたら今度はマントを身につけ赤いバラを持って再び登場。メイクもバッチリ。ドーナツスピンやビールマンスピンも披露(体が柔らかいんですね)と、柴田君らしいオペラ座でした。小道具を使っていかにもエキシビションナンバーという感じでしたが、内容的には結構気合いの入ったプログラムだったような。これ来季の試合で使うのかな?とても良かったのでぜひ試合でも観てみたいです。

◆荒川静香
曲は「フライミートゥーザムーン」。ずっと生で観てみたいと思っていたプログラムだったので、今回観られてとても嬉しかったです。どちらかというとゆったりしたテンポの曲で優雅に滑るイメージの強い荒川さんですが、今回は軽快なリズムに乗って軽やかにおしゃれに踊ってくれて、新しい一面を見られた気がしました。こういうプログラムも似合っていて個人的には凄く好きです。黒い衣装が大人っぽくて素敵でした。とにかく全てにおいて余裕が感じられ(凄いことをたくさん行っているのに)、やはり強いオーラが出ていました。


プリンスチームによるグループナンバーも、F1やら、銭形平次に踊る大捜査線、ダンス対決やらホストやら盛りだくさんの内容で楽しかったです。特に全員での「ボレロ」はなかなか感動的でした。

フィナーレ終了後にはスケーターの皆さんがリンクをゆっくり回ってくれて、思いがけず荒川さんや中野さん、武田さんと握手してもらうことができました(間近で見てもやっぱり皆さんとても可愛くて綺麗で・・・細かった!)。もうこれ以上ないくらい満足した心地で帰ってきたことはいうまでもありませんshine

当初2日間の予定だった公演が急遽1日のみになってしまうなど、直前になってバタバタした感もあった今年のプリンスアイスワールドですが、ぜひ来年もまた北海道に来てほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

リスもせっせと活動中

まだ桜が咲いていた頃、市内の中心部にほど近い円山(まるやま)に登ってきました。円山は標高226m、ちょっとしたお散歩感覚で手軽に登れる山です。

30分も歩けばすぐに頂上。山頂からは札幌市街が一望できます。
(写真はクリックで全て拡大します)
Maruyama1


山道を歩いていると、「カリカリカリ・・・」とせわしない音が。
ん?このシルエットは・・・
Maruyama2


エゾリスがお食事中でした。野生のエゾリスを見たのは初めてです。
Maruyama3


もちろん、シマリスもいました。木から木へ活発に走り回っています。
Maruyama4


こちらは、ほお袋にせっせと蓄え中。このほお袋って一体どのくらい入るんだろう。。
Maruyama5

じっと見てるとなんだか別な生き物に見えてくる・・・
Maruyama6_2 


麓に設置されていた巣箱の中でも、シマリスがお食事中でした。
Maruyama7

リス「んっ!?」
Maruyama8

リス「あっ、あれは!!」
Maruyama9

えっ、、、あれって何?
何なの!?
気になるよーーー!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

冬眠から覚めました

改めまして、みなさまご無沙汰しております。

長い間お休みしていましたが(何の予告もなしに本当にすみません)、またぼちぼち再開することにしました。
このブログをやめるつもりは全くなかったのですが、気づいたらもうこんなに月日が経ってしまいました。。。猫も人間もみな元気で過ごしていましたが、なぜだか、なかなかブログに向かう気持ちになれませんでした。上手く言えませんが、心のゆとりが足りなかったのかもしれません。じっくり冬眠(?)して、今はかなり充電されました。

パワー全開とはいかないまでも、また新たな気持ちで楽しんでやっていきたいと思っています。みなさんのところにもまた少しずつお邪魔させて下さいね。


ポロン「ジロリ・・・
ああポロン、そんなおっかない顔で睨まなくても…sweat02
2008051


ポロン「やれやれ、やっと動き出したわね」
2008052



モカ「ぼく、ずっと登場するの待ってたのに~」
2008054


モカ「すっかり待ちくたびれたにゃ。。。」
2008053


今頃な復活ではありますが、どうぞまたよろしくお願いいたします
m(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

かくれんぼ?

改めてごあいさつしなくては。。
ポロン、そんなところにかくれてないで、出ておいで~。
08kakurenbo2_2


モカ、、、モカまでそんなこっそりと・・・
08kakurenbo1

久々に写真をアップしようとして、そのやり方すらすっかり忘れてしまっていることに気づきました(↑これだけアップするのにかなり手こずった)。完全復活まではもうしばらくかかりそうです・・

|

2008年5月10日 (土)

まもなく復活

お久しぶりです。

長い間このブログを放置してしまい、遊びに来て下さった方、コメントを下さった方には大変申し訳ありません。

我が家の猫達は相変わらず元気ですcatcat

そろそろ、ひっそりと復活するつもりです。
(もうすっかり忘れ去られていると思いますが・・・)

また楽しんで書いていきたいです。

|

2007年1月13日 (土)

スターズ・オン・アイス

あまり記事の更新が出来なかった昨年でしたが、かといってネタが全くなかったわけでもなく・・・ぼやぼやしているうちにお蔵入りになってしまった猫写真、風景写真がいくつあったことか(>_<)
せめて今年は書きたい事を旬のうちにどんどん書き散らして(?)いきたいと思います。

         *****

先週、札幌市内で行われた「スターズ・オン・アイス」というアイスショーを観に行ってきました。(1週間も経ってるのですでに旬ではない・・・)
最近はフィギュア人気もどんどん高まってきていますが、それでも日本や世界のトップスケーターの滑りを生で観られる機会など、そうそうあるものではありません。ましてや地元で。。。
今回のショーに参加した顔ぶれを見ると、ヤグディン、キャンデロロ、エルドリッジ、サレー&ペルティエ、佐藤有香、荒川静香、高橋大輔、浅田真央、織田信成、等々・・・かなり豪華なものでした。
以下、個人的感想をいくつか。

荒川静香さん・・・「You Raise Me Up」「トゥーランドット」を披露。トリノからまた一層美しくなり、優雅なスケーティングにも磨きがかかっていた感じ。
ヤグディン・・・一流選手の中でも「スター」と呼べる人はほんのわずか・・・その一人であるヤグディンの演技を観られたのは本当にラッキー。彼には登場しただけで観客を惹きつけるオーラがあります。
高橋大輔くん・・・昨シーズンのSPでも使っていた「ロクサーヌ」を披露。とても好きなナンバーだったので、これまた生で見られて感動。ジャンプにステップ、スピード感が他と全く違っていた!表情も情感たっぷりで、、、うーん、日本の男子もここまできたかー。
キャンデロロ・・・この人も間違いなくスター。変わらず女性に大人気でした。観客の女性を口説くところも相変わらずで面白かった♪
浅田真央ちゃん・・・今シーズンのSP(ショパンの「ノクターン」)を披露。完成度の高いプログラムとして各方面で評価を得ているというこのノクターンを生で観られたのも嬉しかった。単調でゆったりとした曲でここまで観客を引き込むのって、なかなか出来ないと思うんですよ・・しかもやってる技の難易度はかなり高い。今季最も好きなプログラムの一つです。

約2時間半に及ぶショーでしたが、どの演技も素晴らしくてもうあっという間でした。今年は世界選手権が東京で行われるし、これまた楽しみ・・・私のフィギュア熱はまだまだ続きます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«2007年です。