« 花フェスタ | トップページ | 郊外のファームにて »

2005年6月26日 (日)

赤飯、黒飯

おとといは、義父の三回忌の法要がありました。旦那の実家に遠方(といっても道内だけど)からも親戚がかけつけて、無事に法要を終えることができました。

さて、法要の時には食事がつきものですが、この時出されるものに「黒飯(こくはん)」というものがあります。私は本州にいた時たった一度だけ法要というものに出席したことがあるんですが、黒飯なんて食べた覚えはありません。それもそのはず、この黒飯は北海道だけの食べ物らしいのです。
kokuhan

これが黒飯(あまり見栄えのよい写真ではありませんが)。ごはんは黒くありません。もち米と黒豆を使って炊いてあります。といってもごはんに色がついてないので、おそらく別々に炊いてあるのでしょう。


めでたい時は赤飯、不幸があった時は黒飯。これが北海道の定番らしい。
もち米好きの旦那は、赤飯も黒飯も大好き。赤飯はめでたいことがなくても普段から良く義母に作ってもらって食べていたそうです。でも黒飯はさすがに出なかったそうで。やっぱり不幸事を連想させるから普段は作れないのかな?でももしかしたら、好きで普段からこっそり作って食べている人もいるかもしれませんね。

ちなみに赤飯も、義母の作るものはひと味違っています。小豆の煮汁を使って色をつけているので、ごはんも赤というより小豆色をしています。砂糖も使っていないので甘くないです。これは、今まで紅くて甘い赤飯ばかり食べてきた私には衝撃的でした。甘ったるい赤飯があまり好きでない私は、こちらの赤飯の方が食べやすい気がします。
義母のお姉さんが作った赤飯も食べたことがありますが、こちらは小豆ではなく甘納豆を使った赤飯でした。砂糖は使わず甘納豆の甘みだけだったので、これまた食べやすかったです。色つけは食紅。同じ姉妹でも作り方は全然違っていて面白い!

恥ずかしながら私は一度も赤飯を作ったことがないです。(だって別に家で食べたいと思わないし)でも旦那がたまには食べたいようなので、そのうち挑戦してみようかな。うーん、どのヴァージョンの赤飯にするべきか・・・

|

« 花フェスタ | トップページ | 郊外のファームにて »

コメント

黒飯ですか~。初めて見ました。(^。^)
私の祖母の作っていた赤飯も、小豆色で、ほのかな塩味の甘くないものでした。(ちなみに秋田です。)
大学時代の友人のおばあちゃまの作るのは赤飯というより豆おこわのようなもので、
5~6種類くらいの色とりどりのお豆が入った甘みのあるものでした。(こちらは静岡の方です。)
こういうものは旅先でもなかなか食べる機会がないので、めずらしくて面白いですね。
男子はおこわ系が好きなのでしょうか。たけもよく赤飯を食べたがります。

投稿: サトコ@耳折れ兄弟 | 2005年6月26日 (日) 13時58分

>サトコさん
黒飯、私も北海道に来て初めて知りました。お店で売っているわけでもないし、こういう事でもないとなかなか食べる機会はないですね~。
お祖母さまのお赤飯も甘くない小豆色のものですか!実は義母も秋田の出身なんですよ。秋田ではメジャーな作り方なんでしょうか。(でも義母の姉は違う味付けですけど)
静岡の、色とりどりのお赤飯もきれいで美味しそうですね!見てみたいです(^_^)
たけさんも赤飯お好きなんですね。サトコさんはどんな赤飯を作っているのかしら~私は食べたいと言われても作ってあげないダメ妻です…(^_^;)

投稿: みんみん | 2005年6月26日 (日) 17時58分

みんみんさん、こんばんわ~(*^-^*)
黒飯ってやっぱり北海道だけなんですね~。
私も5年ほど本州で暮らした事はあるんですけど
あちらでは、忌事に出席する事がなかったので
どこでも、こういう時には黒飯が出るものだと
思ってました(⌒▽⌒;;;A
私は豆がニガテで、黒飯も赤飯も好きではなくて・・・(⌒▽⌒;;;A
北海道の赤飯は甘納豆、って言われているけれど私の
実家では赤飯といえば小豆だったのでそう言われる事に
なかなかピンと来ないんですよ~。
でも、これも家庭家庭で違うみたいですね~~。
ただ、お赤飯に甘納豆を使うのはやはり
北海道だけかも~~

投稿: ランママ | 2005年6月26日 (日) 18時39分

こんにちは!
食べ物の事になると登場するぺりおです。(^_^)/
北海道の黒飯って初耳でした!
それから、甘い赤飯も。(ちょっと中国南方っぽくておいしそう~)
関東でお赤飯というと、甘みのないものです。
豆も、ほとんどささげっていう小豆にそっくりだけど、煮崩れしにくい物を使います。
もち米とうるち米を好みに合わせて混ぜて、豆と炊くんです。食べるときに、ごま塩をふります。コンビニの赤飯おにぎりも、これ。
地方によって、いろいろな種類があるので、興味深いです!お雑煮なんかも全然違いますもんね。あああ・・食べ歩きたい~。(*^_^*)

投稿: ぺりお | 2005年6月26日 (日) 19時11分

>ランママさん
うちの旦那も、私に指摘されるまで黒飯が北海道だけのものだってことを知らなかったんですよ。同じく本州にも6年ほど住んでたことがあるんですけど…地元民にとっては案外気づかないものなのかもしれませんね。
ランママさんのご実家では小豆のお赤飯なんですね。ずっと受け継がれてきた味なんでしょうか。(*^_^*)
一般的には北海道の赤飯は甘納豆なんですね。義母と伯母の姉妹は秋田の出身なんですけど、そうすると伯母の赤飯は北海道に長く住んでいるうちにこちらの味になったものなんでしょうね。甘納豆赤飯、初めての味でなかなか新鮮でした。(^_^)

投稿: みんみん | 2005年6月26日 (日) 21時33分

>ぺりおさん
赤飯に対して黒飯があるなんて、ほんとに~?って感じですよね。
関東の赤飯は甘くないんですか!私、甘い赤飯ばかり食べてきたもので(東北出身)、赤飯といったら甘いものだと思ってました!もしかして甘いのって少数派なのかしら。。同じ東北でも秋田のは甘くないようですし。
それにささげを使っているなんて初耳です~。ささげは私も実家でよく食べてましたよ。煮物などで。でも赤飯には小豆だったと思うなあ~(だんだん自信がなくなってきた…今度母に確認してみよう!)コンビニやスーパーの赤飯も、今度チェックしてみます。
ほんと、地方ごとに多種多様で面白いですね。私もできるだけ色々なものを食べてみたいです(^o^)また何か北海道ならではのものを見つけたら、記事にしてみます♪

投稿: みんみん | 2005年6月26日 (日) 21時44分

赤飯好きの私です。
味がついた赤飯は馴染みがありませんでした。
味つけって、ごま塩オンリーでした。
奥が深いのですねぇ。
ところで、仕事で新千歳空港はよき行くのですが、空港内で美味しい甘納豆赤飯を食べられるところってあるのでしょか?
あったら食べてみたいですね!
家庭料理だから無理かな、、、。

投稿: たけ@耳折れ兄弟 | 2005年6月26日 (日) 22時01分

>たけさん
赤飯がお好きでしたら、きっと黒飯もいけると思います。でもなかなかこちらでも食べられませんが…
たけさんのところでも甘くない赤飯がおなじみなんですね~(やはり関東かしら?)。黒飯だけでなく、赤飯についても新たな発見でしたよ(^_^;)
新千歳空港で甘納豆赤飯…どうでしょう?探せばありそうですね!(郷土ものってことで)実家に帰る時はいつも新千歳を利用するので、今度見てみます!空港内にはたしかコンビニがあったと思うんですけど、コンビニの赤飯がもしかしたら甘納豆かも。。
あと、駅弁や空弁で甘納豆赤飯を使ったものがあるかもしれないですね!今度から意識してみよう!

投稿: みんみん | 2005年6月26日 (日) 23時41分

たけは生まれも育ちも関東です~。
お買い物好きなので、赤飯が食べたくなると自分でさっさと買ってきますね。
私が作るというのは期待していないようです。ホホホッ。(^_^;)
北海道の気になる食べ物といえば「ザンギ」。
から揚げとどう違うのでしょうか~?
ぜひ教えてくださーい。

投稿: サトコ@耳折れ兄弟 | 2005年6月27日 (月) 02時26分

またまた登場~
夫の(和歌山人)所も、関東と同じお赤飯でした。うーん、甘いのは東北、北海道なのかも!食べたい~!今度是非レシピを教えてくださいませ~。
昨日、北海道展で、こまい(氷魚?)を買いました。好きなんですよ♪

投稿: ぺりお | 2005年6月27日 (月) 09時37分

>サトコさん
たけさん本当に赤飯がお好きなんですね!うーん、甘納豆赤飯もぜひ挑戦してもらいたい!
うちでもこの記事を書いていたら旦那が「赤飯食べたい~」って言い出して…(^^;)旦那が食べたいのはやはり、お母さんの味なんでしょうね~。作り方聞いとかなきゃ。
ああ、ザンギーー!そうそう、このザンギについてもぜひ書かなきゃと思ってました。ここで書くと長くなるので、そのうちに記事をアップしますね。お待ちください♪

投稿: みんみん | 2005年6月27日 (月) 10時17分

>ぺりおさん
うむむ、、関東以西は甘くないのが主流なんでしょうか。甘い赤飯にしても、私の田舎では砂糖で味付け、北海道は甘納豆とこれまた違うようですしね~。
黒飯について紹介するつもりが、逆に赤飯についていろいろ知ることになっちゃいました(^^;)
レシピ、いろいろ聞いて後でお知らせします♪あれはぺりおさんのメールアドレスですよね?そちらに送っちゃうかも!または改めて記事にアップするか…食いしん坊のくせに料理は苦手&知識がないので、すぐに教えてあげられなくて申し訳ないです(>_<)
こまい(氷下魚と書くみたいです)ってかんかいのことですよね?干した物を細かくむしってマヨ&七味&醤油を混ぜたものをつけて食べたことがあります。ビールのおつまみに良さそうでした(^^)居酒屋メニューにもあった気が…ぺりおさんはどうやっていただくのかしら~

投稿: みんみん | 2005年6月27日 (月) 10時28分

みんみんさん、こんにちは~
私、四国にすんでますが(初カミングアウトです)、黒飯も甘い赤飯も初耳です~(^^)
もともと関西風で甘い味付けのものが多いので、なじめそう・・・
鶏のから揚げ=センザンキが名物の町がありますよ!ザンギ、どんなんでしょう?
記事を楽しみにしてます♪
北海道っておいしいものがいっぱいあっていいですね。

投稿: liuliu | 2005年6月27日 (月) 17時11分

>liuliuさん
四国にお住まいなんですね!自然が豊かで食べ物やお水が美味しそう♪本場のうどんを食べにぜひ行ってみたいです(^^)
やっぱり赤飯は甘くないんですね~当たり前だと思っていたことが覆されるのって、結構衝撃です(いかに狭い世界で生きてきたかわかる…)。
センザンキ!?なんだかザンギにすごく似てますね!関連があるのかもしれませんね。(ものすごく興味しんしん)ザンギも鶏のから揚げですけど、本州のから揚げとはちょっと違うみたいです(いまだに私はよくわかってない)。それにザンギの語源は中国語から来てるとも聞きました。ちゃんと調べて記事にします!

投稿: みんみん | 2005年6月27日 (月) 19時48分

またまたまたお邪魔します。
みんみんさん、そんな、お手数をおかけしちゃうので、何かのついでの時でいいですよ~。
お赤飯の話、すごく面白いです。なんだかわくわくしちゃいましたよ。
こまい、氷下魚ってかくんですね。
そうそう、居酒屋のおつまみで食べたんです。
でも、昨日買ったのは、半干しだったので、どうな感じだろう・・・これから焼いてみます♪

投稿: ぺりお | 2005年6月27日 (月) 20時26分

>ぺりおさん
晩上好~!私もみなさんのコメントを読んでいてわくわくしちゃいました(^^)たかが赤飯、されど赤飯ですね~。お雑煮についても知りたいなあ!
赤飯レシピ、私も(今更ながら)知りたいと思ったので、そのうち聞いておきます!気長にお待ち下さい(^o^)
居酒屋メニューも、地方によって特色がありそうですね。たとえば同じつぼ八でも違ったりするのかな?うーん、食いしん坊の興味は尽きることがない。。。

投稿: みんみん | 2005年6月27日 (月) 22時01分

こちらのブログにははじめまして!
私も北海道・旭川市出身ですが、赤飯は甘納豆でした。これについては本州にはないということは知っていたのですが、黒飯がないっていうのは、初めて知りました!そういえば、「こくはん」と変換しても漢字がでないのであれれ~?と思ったことはありますね。

ザンギの語源は中国語説聞いたことありますね。語感からいけば、上海語っぽい?けど。どうなんでしょう?

記事、私も楽しみにしてます♪

投稿: lin | 2005年6月27日 (月) 22時37分

>linさん
こちらにも来て下さってありがとうございます!
北海道出身のlinさんの意見もお聞きしたくて…無理矢理引きずり込んでしまってごめんなさーい(>_<)
甘納豆赤飯、私は何年も北海道に住んでいながら、食べたのはつい先月が初めてだったんですよ(^^;)お砂糖の入った甘い赤飯よりもこっちの方が好みです♪
こくはん、私も変換で出ないのでおや?と思いました。北海道では昔からある食べ物なんでしょうかねえ。
ザンギ、北京語っぽくはないですよね。やはり上海とかどこかの方言からきてるのかな?でもなぜに北海道に伝わったのでしょう。どこかにザンギ博士いないかしら~(^_^;)
記事、あんまり謎は解けないかもしれないけど書いてみます!

投稿: みんみん | 2005年6月27日 (月) 23時31分

こんにちは、みんみんさん!私も初めて黒飯の存在を知りましたよ~。ビックリです!やはり北海道のほうならではの食べ物なんですね。ちなみに、赤飯はみんみんさんのお義母さまがお作りになるタイプと一緒です!甘くないし、小豆色だし~。子供の頃からずっとそうでした♪お店で売っているものは、食紅使っているからピンク色になっていますけどね☆不思議ですね~。食文化の違いって!

投稿: Chocolat | 2005年6月28日 (火) 14時44分

>Chocolatさん
黒飯は特別な時の食べ物ですし、余計に知名度が低いかもしれませんね。
Chocolatさんが慣れ親しんだ赤飯も、甘くないタイプなんですね。やっぱり私の地方の赤飯が少数派なんですね~。「義母の赤飯が衝撃的だった」なんて書いちゃって恥ずかしい…(^_^;)
お赤飯ひとつとってもこんな風にいろいろあるんですから、ほんと食文化の違いって不思議で面白いですね!食いしん坊の私としては、ますます興味しんしんです(^o^)

投稿: みんみん | 2005年6月28日 (火) 20時00分

みんみんさん、こんばんは!
とうとう(やっと?)来ちゃいましたo(^-^)o
黒飯のこと、初めて聞きました。赤飯に対して黒飯。なるほどーって妙に納得しました。青森(津軽のほうはよくわからないけど)では法要の時は五目ご飯とか栗ご飯とか、しょうゆベースの炊き込みご飯を食べますよ。みんみんさんの実家でもそうでした?
赤飯は、こちらではやっぱり甘いのが一般的なような気がします。家庭によって違うみたいですけど。私はというと、みんみんさんと同じで甘いほうが食べ慣れてます。私の場合甘くない赤飯もあると知ったのは小学生の時。学校給食で出た赤飯は甘くない赤飯で、しかも一緒にごま塩が付いてきたものだから「塩味で食べるのかーっ!!」とあまりの衝撃にほとんど食べられなかった記憶が・・・(@_@)
もちろん、今は甘くない赤飯も食べられますよ。甘納豆で作った赤飯も是非食べてみたい!

投稿: ニャホ | 2005年6月29日 (水) 00時18分

>ニャホさん
コメントありがとー!とっても嬉しいよ!
「ニャホ」になったのね~また「ニャホニャホタマクロー」の歌がよみがえってきたよ(≧∇≦)
実家にいた時に経験した法要は何ごはんだったかな…もうよく覚えていないけど、「黒飯」でないことだけは確かです。炊き込みごはん大好き♪これなら法要でなくても気軽に食べられるね。
赤飯、やっぱり甘いよね~もしかして私の住んでいた地域だけ?って寂しくなっていたもので。(^^;)そういえば学校給食でもたまーに赤飯出たような。今も出るのかな?
給食にも思い出いっぱいあるので記事を書いてみたいんだけど、これも地方によって様々のような気がしてきた…(^_^;)
知識が中途半端なもので…時々フォローしてもらえるとありがたいです(^人^)

投稿: みんみん | 2005年6月29日 (水) 00時42分

みんみんさん、
ランママさんのところから きました。(食いしん坊なUSなひろです)
さきほど、スイートピーの記事にコメントをつけたばかりですが、こちらにも、、おじゃましますね。

お赤飯と黒飯、、私も何個かのブログ記事でかいているんですよ。
TBさせてもらいますね。

今回短期で札幌にかえっていましたが、おにぎりで一度 甘納豆赤飯おにぎり。 手作りのお赤飯(もちろん甘納豆)もたべました。
やはりおいしいですよね・。

記事のなかに 黒飯の記事への過去記事リンクもいれていますので、是非よんでみてください(^^)

投稿: Kuishinbou US | 2005年7月 4日 (月) 16時31分

>食いしんぼうUSなひろさん
この赤飯・黒飯の記事にもコメント&TBありがとうございます(^^)
ひろさんのお赤飯や黒飯の記事、いくつか読ませていただきました。とっても美味しそう…(*^_^*)
甘納豆赤飯も黒飯も私には新たな発見でした。赤飯1つとっても様々な食べ方があって面白いですね。
帰国中も甘納豆赤飯ですか~さすが道産子ですね!今日、スーパーのお総菜コーナーを見たら甘納豆赤飯が普通においてありました。こんなに身近にあったとは…(^^;)
ひろさんの記事も参考にしながら今後赤飯&黒飯作りに挑戦してみたいと思います。
私もかなりの食いしんぼうなので(料理は下手だけど)、今後も気になる食べ物ネタなど書いていきたいと思います。よろしくお願いしまーす♪

投稿: みんみん | 2005年7月 5日 (火) 02時16分

今回 オホーツクに旅行に出かけていましたが、その途中のお店で買ったものに、
「黒豆甘納豆」があります。
黒飯の黒豆が 甘納豆赤飯の甘納豆のほうになってる。
これって もしかして、黒飯とあの赤飯を同時に味わえるのでは?!と期待してるんです。


食紅も買ってきましたよ。 落ち着いたら、代わり赤飯作ってみたいと思っています。

投稿: kuishinbou US | 2005年7月 6日 (水) 14時28分

>kuishinbou US さん
ひろさん、こんにちは!
黒豆甘納豆!ついこの間行った旭山動物園の売店で売ってましたよ!ちょっと気になったのですが、買わずに帰ってきちゃいました。ああ後悔…市内のお店でも手に入るといいなあ~(>_<)
黒豆甘納豆でお赤飯って面白いアイデアですね。赤飯&黒飯ファンにはたまらないかも!?記事にされるのを楽しみにしています♪
他にはどんな風に黒豆甘納豆って使えるんでしょうね~。私は豆パンが好きなので、パンに入れるのもいいなあと思ったりしてます。

投稿: みんみん | 2005年7月 6日 (水) 16時10分

はじめまして。
『黒飯』は、青森(一部地域だけ?)でもでますよ~。私、いただきました。
ちなみに、青森出身の私の母親が作るお赤飯に使われているのは、甘納豆です。
関東のコンビニで売られている赤飯おにぎり食べたときは、ちょっとした衝撃を受けました。塩辛!!なんじゃこりゃ!?てな感じ。
ところ変われば品かわるってやつでしょうか??

投稿: natsu | 2006年2月 2日 (木) 13時26分

>natsuさん
はじめまして!ご訪問いただきありがとうございます。
おお、青森でも黒飯を作る地域があったのですね~。私は青森南部地方の出身なんですが、全く知りませんでした(^^;)津軽の方で出るのでしょうか?
それから甘納豆赤飯も青森にあるようですね。私も甘い赤飯で育ちましたが、甘納豆赤飯は北海道に来てから(というか、この記事を書いた頃ようやく)知りました。
そうそう、甘いのが普通と思ってると塩気のある赤飯に衝撃を受けますよね。でも全国的には甘くないのが主流のようですが。。。
狭い日本とはいえ、地方によっていろいろバリエーションがあるようで、面白いですよね!他にも、お雑煮とかおでんとか。
そういえば、青森のお赤飯についても記事を書こうと思ってたんです(すっかり忘れてましたが^^;)。忘れないうちに、今度こそ書かなきゃ!

投稿: みんみん | 2006年2月 2日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106570/4713037

この記事へのトラックバック一覧です: 赤飯、黒飯:

» 赤飯 [ダイエットのココロ]
赤飯赤飯(せきはん)とは、米|もち米に小豆またはササゲ|ささげ(大角豆)を1〜2割混ぜて蒸しあげた飯|ご飯である。主に日本で食べる料理で、強飯(こわめし)、おこわとも言う。明治時代ごろまでは、もち米を蒸しただけのものをおこわといい、小豆などを混ぜたものと区別していた。現在は赤飯もおこわなどというよう...... [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 07時43分

» 堂々と食べる 『甘納豆赤飯』 [遠い目の食いしん坊]
以前の記事で 北海道地方の葬儀などでだけ出される 『黒飯』 (『こくはん』と読む) が大好きだと告白した。 あまりにも不謹慎な為、ママンに作ってとは言えないし、市販で買える様なものでもなく、仕方なく自分でこしらえた。 冷えたあの塩気のご飯と 黒豆のうまみ... [続きを読む]

受信: 2005年7月 4日 (月) 16時32分

« 花フェスタ | トップページ | 郊外のファームにて »