« 涼を演出 | トップページ | 真夏の夜の橋 »

2005年8月 7日 (日)

柳の下に願いを☆

今日は旧暦の七夕。以前の記事「七夕だけど七夕じゃない」でも書きましたが、北海道では多くの地域が旧暦の七夕なんです。

我が家では特にお祝いらしきことはしませんでしたが、今日、ついに私は見てしまいました!

夕方、近所の酒屋さんに買い物に行った時のこと。
突然、7~8歳くらいの子供たちが何人かわーっとお店に入ってきて、歌ったのです!

「ローソクだーせーだーせーよ、だーさーないと、かっちゃくぞ♪」

おお、これが噂に聞いていた「ローソクもらい」なんですね!「かっちゃく」とは「引っかく」の意味なんだそうです。
お店の人も慣れたもので、カウンターにあらかじめ用意してあったお菓子をみんなに手渡していました。さーっと去っていく子供たち。
あっという間の出来事だったのですが、私は手に持っていたワインのボトルを落としそうになるほど感激してしまいました。北海道にきて8年になりますが、この光景を見たのは初めてです。いや~、まさか近所でこの風習を見られるとは。

ちなみに家に帰る途中も、何組かお菓子の袋を持って歩いている子供たちを見かけました。パン屋に入っていく子たちもいたし、一般の住宅から出てきた子たちもいました。中には浴衣姿で歩く子も。ただどの子も提灯は持っていませんでしたが。
最近ではこの風習も廃れつつあると聞いていたので、今も行われている様子を見られたのは本当に嬉しかったです。

それから、北海道では七夕飾りは笹ではなく柳にするのだと旦那が言っていました。昨日も川沿いにあった柳の枝を切り取っているおじさんを何人か見かけたとか(これはいけないことだと思うのですが  ^^; )。

さて、あの子たちは短冊にどんな願い事を書いたのでしょうね。。

|

« 涼を演出 | トップページ | 真夏の夜の橋 »

コメント

みんみんさん、こんにちわ~♪
(*゜v゜*) うふふっ 『ローソク出せ』は私も子供の頃
七夕にみんなと歌いながら家々を回っていましたけど
当時はお菓子ではなく、ほんとにろうそくを
貰ってました~(^w^) ぶぶぶ
そして、一回りした後、それぞれおやつを貰って。(*^-^*)
みんみんさん、目撃されたんですね~~~♪♪
そうそう・・・、ほんと今ではこの光景あまり
見なくなっちゃいました・・・・。ちょっと寂しいけれど・・・。

北海道の七夕飾りが柳なのはたぶん、本州のような
竹がないからだと思います(*^-^*)

短冊にこめた子供達のお願い事、みんなの分
叶うと良いですね~~~(*^-^*)

投稿: ランママ | 2005年8月 8日 (月) 11時42分

>ランママさん
今年、とうとう目撃することができて感激です!
あの歌、思っていたより早口で歌っていました。歌よりも早くお菓子が欲しかったのかな?(^_^)
ランママさんも子供の頃にはあの歌を歌って回っていたんですね。回る家やお店って、あらかじめ決めていたのでしょうか(^^)
私が見かけた子供グループの中には、大人の付き添いがあったものもありました。それなら夜も安心ですね。
見ててもとってもほのぼのする風習ですし、なんとか今後も続けていってほしいと思います。
あっ、そういえば旦那も言っていましたよ。北海道には竹というものがないから柳なのだって。言われてみると確かにそうですね!柳の七夕飾り、それもまた風流…?
ほんとに願い事がみな、叶えられるといいですよね♪

投稿: みんみん | 2005年8月 8日 (月) 16時52分

みんみんさん、こんばんわ~♪
私が子供の頃は同じ年代の子供がいるお宅だけを
回っていました~(*^-^*)
あっ、そうそう~~、夜遅いので私達の時は確か、
中学生くらいのお姉さん・お兄さんが、小さい子達の
世話役みたいな感じで付き添ってくれてました(*^-^*)
ほんとに・・・。今、私が住んでいる近辺では見ないし
すぐ側に公園があるのに、そこにも七夕飾りは
飾られなくて、ちょっと寂しい感じがします・・・。
昔は何処の公園にも七夕飾りが飾られていたのに・・・。
北海道に古くから伝わるこの風習。途切れることなく
続いて欲しいなぁ~と思います。あっ、これも私の
七夕のお願い事の1つかな~~o(〃'▽'〃)oあははっ♪

投稿: ランママ | 2005年8月 8日 (月) 20時34分

「ローソクもらい」ですか~、風情がありますね♪

懐かし~。「かっちゃく」って、秋田の祖母も使っていましたよ。
蚊に刺されてボリボリかいていると、「あんまりかっちゃくなよ!」って言われたものです。
秋田では「捨てる」ことを「なげる」と言うのですが、
北海道出身の友人がやっぱり「なげる」を使っていて、
面白いなぁと思ったことがありました。
他にもいろいろ同じような表現がありそうですが、
もうあんまり覚えていないのが残念です・・・。(^_^;)

投稿: サトコ@耳折れ兄弟 | 2005年8月 8日 (月) 20時53分

>ランママさん
前回の記事の時もですが、ランママさんにはこの風習についていろいろ教えていただき、本当にありがとうございます(*^_^*)
実際に見てみると、やっぱりいいものですね~。
北海道ならではのこの風習、なんとか継続していってもらいたいですよね。私もそれを願い事にしよう!(って今年はもう遅いですけど ^^; )
七夕飾りってそういえば見かけませんね~。公園でも、一般住宅でも。ささやかなものでよいから、飾っているところを見たいなあ。。お星様を折ったり、天の川を作ったりした頃が懐かしいです。

投稿: みんみん | 2005年8月 8日 (月) 22時16分

>サトコさん
ローソクもらい、ハロウィンみたいで面白いですよね。ランママさんもおっしゃってますが、昔はほんとにローソクをもらうものだったらしいです。お盆とつながりがあるようですね。
サトコさん、お祖母さまの言葉をよく覚えてるんですね!
北海道の方言って、東北と同じものが結構あるんですよ。私の田舎では「かっちゃく」は言わなかったけど、「なげる」は普通に使ってました。「早くそこのゴミ投げてきて!」っていうように。冷たいことを「しゃっこい・ひゃっこい」というのも同じだし。
後、面倒くさがりやのことを私のところでは「からやき」と言いますが、旦那の祖母は「からっぽやみ」と言ってたそうです。これもなんとなく似てる!?
言葉、方言にも興味しんしんなので、そのうち記事にしてみようかな…

投稿: みんみん | 2005年8月 8日 (月) 22時23分

初めまして、耳折兄弟さんの所から飛んできました!
北海道にはそのような風習があるのですね〜
始めて知りました! 面白いですね!
画像綺麗ですね! また遊びに来ますね〜

投稿: mari | 2005年8月 9日 (火) 00時08分

初めまして、耳折兄弟さんの所から飛んできました!
北海道にはそのような風習があるのですね〜
始めて知りました! 面白いですね!
画像綺麗ですね! また遊びに来ますね〜

投稿: mari | 2005年8月 9日 (火) 00時08分

mariさん、はじめまして!ようこそいらっしゃいました♪
北海道の七夕、面白いですよね。私も北海道に来て初めて知りました。ただ、このローソクもらいの子供たち、もう最近では見られなくなってきているようなので、実際に目撃するのは難しいなあと思っていたんです。でもちゃんといました!嬉しかったですよ~。こういう風習は是非継承していってもらいたいですね。
画像を褒めて下さってありがとうございます。でも腕の方はまだまだですよ~。 よく見えたとしたら、被写体がよかったのだと思います(*^_^*)
よろしければまたぜひ遊びに来て下さいね!私もmariさんのところに遊びにいかせていただきます♪

投稿: みんみん | 2005年8月 9日 (火) 05時57分

冷たいことは「はっこい」って言ってました!
やっぱり、ちょっと似てますね~。
面倒くさがりは「せやみ」とか「せやみこき」とか、そんな感じだったかな・・・。(かなり曖昧)

北の方言は、経験から、意味を理解できるものが多いですが、
仕事の研修で、短い間ですが那覇に住んでいた時、
年配の方の言っていることが最初は全然聞き取れませんでした。
方言かと思ったら、英語だったりすることもあって、
「ワラ」が、waterのことだと気付くまでとんちんかんなやり取りをしてしまったこともありました。(^_^;)
言葉って難しくて、でも面白いですよね。

投稿: サトコ@耳折れ兄弟 | 2005年8月 9日 (火) 23時36分

>サトコさん
せやみこき、聞いたことあるようなないような…
私は青森なので、秋田とはお隣ですが、それでも結構言葉は違うと思います(まあ、どちらもはたから聞けば「東北弁」と一括されるのでしょうが)。青森内でも津軽弁と南部弁は全く違いますしね。私は津軽の言葉は全然わかりませ~ん(^^;)
あと今思い出したのは、遊びに入れて欲しい時に「かてて」って言うんですよ。これ、「加えて」からきてるんでしょうかね~。
沖縄の言葉も面白いですよね!他のどの地方とも違っていて。英語混じりなのも基地がある沖縄ならではかな?
私も「うちなーんちゅ」の言葉、知りたいです(^_^)
ほんと、言葉って奥が深くて面白いですよね!

投稿: みんみん | 2005年8月10日 (水) 00時01分

なつかしいです。 子どものころ浴衣を着て、提灯もって近所を回りましたよ。
ランママさんも言われていますが、ほんとにろうそくもらっていたの。 それでもうれしいのよね。。使い道ないのに。笑
当時はそれほど お菓子をくれる家は無かったような。
たまに10円とか5円をくれる家があったり。
やはりお店は お菓子の詰め合わせをくれたりするのでいきましたね。

アメリカにきて ハロウィンで すごく似たようなことしますからびっくりでしたよ。
Trick or treat!(お菓子くれないといたずらするぞ)ってかんじだから、やはりろーそくだせと似ていますよね。

投稿: kuishinbou | 2005年8月10日 (水) 14時51分

>kuishinbouさん
おかえりなさい!ご旅行はいかがでしたか?
kuishinbouさんも子供の頃ローソクもらいをされてたんですね。浴衣に提灯、風情ありますねー。私が見た子たちは、ほとんど普段着でした。提灯もなし。お菓子の袋もスーパーの袋という手軽さ(笑)もうちょっと風情があってもいいかなと思うのですが、大事なのはこの風習がちゃんと残っていることですもんね。

私も、北海道に来てこの風習を初めて聞いた時、「それってハロウィンじゃん!」って思いましたよ。仮装してたらまさにTrick or treatと一緒ですよね。
ランママさんからローソクもらいの由来について紹介するサイトを教わったのですが、それによると昔はお盆で使うローソクを集めに回る、という意味もあったようですね。ローソクも貴重品だったのでしょうか。
ローソクもらいも時代とともにお菓子もらいに変わっていったようですが、この風習には一部ハロウィンの影響があるのかしら…と密かに疑っている私です(^_^)

投稿: みんみん | 2005年8月10日 (水) 15時38分

うわ~っ、子供の頃「かーてーて」って、仲間に入れてもらったことありますよ~。
そうですね、秋田でも北と南では特に語尾なんかが違うようです。
津軽のことばはフランス語っぽく聞こえることがありますね・・・。
学生時代のフランス語の先生は、東北の人は鼻濁音の発音がうまい、とおっしゃってました。
似ているように聞こえるのは鼻濁音が多いせいなのでしょうか。

祖母の元気な時に、たけを秋田へ連れて行ったことがあるのですが、
もう、???って、全然聞き取れなくて、私が通訳してました。(笑)
それでも、お構いなしに秋田弁で話し続ける祖母。
懐かしい思い出です~。(^_^)

投稿: サトコ@耳折れ兄弟 | 2005年8月11日 (木) 01時40分

>サトコさん
「かてて」をご存知とは、嬉しくなりますねー!
東北弁とフランス語が似ているという話は、私も聞いたことがあります。東北人の私からすると「えっ、そうなの!?」ってな感じですが(^_^;)たしかにもごもごとした音が多いからかなあ。でもフランス語の方がなんかこう、ちょっとソフトで揺れるような感じがします。
東北弁がこもった音が多いのは寒さのせいだ、とか言われたりもしますが、でも北海道の人は結構みなはきはき話すんですよね。移住者(の子孫)が多いからなのかもしれないけど、気候と発音は関係ないのかなと思ったり。
ふふ、年配の方の言葉はもう、慣れてない人にとっては外国語みたいなものですよね。私でも全部聴き取る自信がないです。サトコさん、通訳できるなんてすごいかも(笑)

投稿: みんみん | 2005年8月11日 (木) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106570/5358958

この記事へのトラックバック一覧です: 柳の下に願いを☆:

« 涼を演出 | トップページ | 真夏の夜の橋 »