« 脳力を鍛えよう! | トップページ | 川霧 »

2006年1月14日 (土)

横取りは日課

ストーブの前で、ポロンが気持ちよさそうにお昼寝しています。
0111-2

と、そこにモカ現る!!ポロン、すかさず退散。
0111-3

一通りチェックして、すぐにゴロン。
0111-4 0111-5

どうしていつもいつも、追い出すの~。。。
「だってあったかそうだったんだもん~ムニャムニャ」

0111-6
一緒に寝るだけのスペースはあるのに・・・(-_-;)


ところで昨日、映画館で『SAYURI』を観てきました。
日本や中国を代表する俳優さんたちが、英語で日本の芸者の世界を演じています。
なんだか変な感じはしたけど、ハリウッド映画がどのように日本文化を描いているか、とても興味があったのです。それになんといっても豪華な顔ぶれの役者陣。チャン・ツィイーはもちろん、コン・リーもミッシェル・ヨーも、皆さん存在感があって素晴らしかった!あ、芸者役の中では唯一の日本人だった工藤夕貴さんもなかなかよかったです。そしてツィイーちゃんの着物姿は、やっぱりお人形さんのように可愛らしかった(^^*)

この映画、日本を描いているのには間違いないけれど、日本のような、日本でないような、そんな不思議さがあります。髪型や着付け、所作など細かい点を気にするのはかえってよくないですね。これはあくまで監督ロブ・マーシャルの描く世界なのだから。この人は舞台出身というだけあって、さすがに「魅せる」ことが上手い。
すでにツィイーちゃんはこの「SAYURI」でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされています。もしかしたらアカデミー賞も夢でないかも?

映像は綺麗だったけど、ストーリーとしてはどうかな。。。でもこれ、原作がアメリカ人によるものなんですよね。日本文化をどんな風に英語で表現しているのか気になって、つい書店で「Memoirs of a Geisha」のペーパーバックを買ってしまいました。よ、読めるのだろうか・・・

|

« 脳力を鍛えよう! | トップページ | 川霧 »

コメント

ポロンちゃんの寝姿がとっても可愛いです~何だか丸見えって感じで~(笑)
モカちゃんのほうが強いんですか?
一緒に寝るともっと暖かいのにね~
”Sayuri”まだ観ていませんが、絶対に観たいですね~日本で上映されているSayuriは、英語で話して、日本語字幕なんですか?吹き替えはしていないんですか?
こちらではモチロン英語Onlyですが。。。。
いろんな意味で興味のある映画ですね。
アメリカ人から見た、日本のGeisya像はどんなものか知りたいですよ~早く観たいんですが、5-6週間遅れで、基地内のシアターで上映されます。1本が2ドルなので、それを待っているんですよ~セコイッ!!

投稿: hitomineko | 2006年1月14日 (土) 18時29分

(*゜v゜*) うふふっ ポロンちゃん、ほんとに
とっても気持ち良さそうにストーブの前でおネムしてる~♪
でも、お気に入りのあったかな場所、モカちゃんに
譲ってあげたんですね~~。
優しいおねいちゃん♪/(= ^o^)\(^・^ =) ̄ナデナデ
うちのランランだったらもう~~・・・
有無を言わせず・・・羽交い絞めですもん・・・
一緒におネムしてくれたら・・・お互いあったかでいいのに~
と思うけれど・・・うちの2人は無理っぽそうです・・・(T∇T) ウウウ

投稿: ランママ | 2006年1月14日 (土) 22時50分

おはようございます。お久しぶりです。ポロンちゃん、せっかく気持ちよく熟睡していたのにね。モカちゃんの方が順位が上なんですかね。性格なんでしょうか?黙ってゆずるところが偉い感じです。SAYURIは見ていませんが、やっぱり綺麗なんでしょうね。

投稿: シエナにゃん | 2006年1月15日 (日) 07時15分

>hitominekoさん
わはは、ポロンってば思いっきりひらいてますよね~。女の子なのに。。。(^^;)
モカが強いというより、ポロンが自分からさっさといなくなってしまうんですよ。余程側にいたくないのかな?でもモカがストーブ前で寝ているところに、寒くなったポロンがやってきて一緒にいることはあります。

SAYURI、アメリカでもまずまずの評判だそうですね。俳優だけでなく、アメリカのスタッフもそうそうたる顔ぶれですよね!ただ、もし主演が日本人女優だったらここまで評判になったかというと…厳しいでしょうね~。
日本で上映されているSAYURIは字幕と吹き替え、両方あります。旭川では字幕版のみの公開ですが。でも冒頭の数分間は日本語でしゃべっていたので、まさか吹き替え版が間違って流れてるのか!?っと思ってしまいました(^_^;)
ちなみに吹き替え版では、日本人が演じた役は本人が吹き替えているそうです。京都弁で話しているのでしょうかね~。
国籍を越えてキャスト&スタッフが1つの映画を作り上げるのってとても意義があると思います。そしてこの映画は映像がとにかく美しい…ひとみさんも是非ご覧になってくださいね(*^_^*)(2ドルは激安ですね!私もそれなら待っちゃいます^^)

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 09時28分

>ランママさん
ポロンはモカがやってくるとさっさといなくなってしまうんですよ~(^_^;)もっと頑張って自分の場所を守ってもいいのになって思います。まあ、たまにケンカして頑張ってることもありますが(でも大抵モカが勝つのですが)。。。
モカはモカで、ポロンがいなくなった所をさっさと占領してしまうし…お気に入りの場所は全部自分の場所だと思っているようです…(-_-;)
ランランちゃんもどちらかというとモカタイプなんですね(^^;)体格もランランちゃんの方が大きいですし、グレープちゃんはかなわないのかな?
ほんとに2にゃんで仲良く寝てくれたら、それが一番いいのになあって思いますよね。くっつけばあったかいし。
今後の関係が少しでも変化することを、気長に待ちたいですね(^^)

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 09時37分

ポロンちゃんの くつろぎっぷりが気に入りました。
かわいいねぇー。(笑)
SAYURI のために英語のペーパーバックまで買っちゃうなんて、みんみんさんすごい。
 

投稿: さくらこ | 2006年1月15日 (日) 09時54分

>シエナにゃんさん
こんにちは♪
ポロン、かわいそうですよね~。せっかくリラックスして寝ていても、ああやってしょっちゅうモカに横取りされてしまうんです。モカの方が強いというか(まあ力は男の子だけあって強いですが)、ポロンが面倒を避けて自分からさっさと退散してしまうんです。実際モカは自分が上位と意識しているのかどうか…たぶん何も考えていないかも(^_^;)
他のお宅ではよく見かける猫だんご、とても憧れなのですが、まだまだ我が家では夢の話のようです。。。
シエナちゃんは、誰にも邪魔されることなくのびのびと過ごせているんでしょうね~一人っ子ですと、おっとりと思う存分甘えられていいですよね(*^_^*)

SAYURIはストーリーより映像美で魅せる映画だと思います。音楽もいかにも東洋っぽくて(ところどころ中国っぽくもあったけど)綺麗でした^^とにかくツィイーちゃんが可愛かったですよ♪

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 09時56分

>さくらこさん
はは、ポロンのくつろぎっぷりはいかにも全開!って感じですよね。舌も出てるし(笑)でもせっかくこうやって寝ていても、モカが台無しに…(ToT)結構ストレスたまってたりして。。(^^;)
いったいどうやったら仲良く一緒に寝てくれるようになるんでしょうかねぇ~(ため息)。

SAYURIのペーパーバック、なんか衝動買いしてしまいました(^^;)ストーリーが凄くよかったから、というわけではないんです。なんとなくアメリカ人から見た芸者の世界、というのが気になったもので。。。でも読めるのかどうかは疑問です(-_-)

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 10時06分

ポロンちゃん仰向けにドドーンと寝てて気持ちよさそうだったのに。。。
多頭飼いの猫ちゃんたちの様子を見させていただくと、くつろぐ場所も実は実力?順なんだそうですね。
厳しいですねぇ。

あの映画は個人的には見ていないのでよくわからないけれど、単純に思ったことが一つあるよ。

どうして主演が中国人ばかりなの?

出演料を押さえたいのなら日本にも若くて美人の役者さんはたくさんいると思うんですけどねぇ。
何も異国の方に頼まなくたって・・・特に主役まで・・・って思うんですけど。

チャン・ツィイーのように美人で実力のある女優さんが日本にはいなかったんでしょうか?


投稿: Etnaちゃん | 2006年1月15日 (日) 11時03分

私も観てきましたよ~「SAYURI」。
こんな日舞あっていいの?とか、着物の着付けや髪型、芸者の学校ってなによ??って言うシーンも多々ありましたが、これは外国人の描く日本のイメージ。
ツィイーちゃんがすごい可愛くって、お人形さんみたいで♪
私の一押しはかおり姐さんですね~★
あとミシェル・ヨーもすごい粋な感じしたし、コン・リーも良かった♪工藤夕貴ちゃんも可愛らしかったですね。でもすっごく楽しめました。

投稿: ちか | 2006年1月15日 (日) 11時33分

こんにちは。追伸です。シエナにゃんのブログにリンク貼らせていただいたのですが、よろしいでしょうか?

投稿: シエナにゃん | 2006年1月15日 (日) 12時16分

こんにちは~♪
みんみんさんも「SAYURI」ご覧になったのですねー。
ストーリーはともかく、映像美にはうっとりでした。たまに出てくる日本語のセリフ(「おねえさん」とか)はいっそなかった方が楽しめた気もしましたけど(~_~;)
女優陣はみなそれぞれすばらしかったです。
ペーパーバック・・・読みやすいそうです(英語が出来る人談・・・私には^^;)私はせめて日本語訳を読んでみようかな?
ポロンちゃんはモカちゃんに遠慮しちゃうのかな?おねえさんだからでしょうか?

投稿: liuliu | 2006年1月15日 (日) 16時10分

そそくさと行ってしまうポロンちゃんも、懲りないモカちゃんも、やっぱりどっちもカワイイや~♪

SAYURIの何が面白かったかって、使ってたのは確かに花街提灯なんだけど、そこに思い切り
『はなまち』
・・・って・・・ふつうそこには置屋の名前なんかが入るんじゃないのかなあ(^^;

投稿: タイタン王子 | 2006年1月15日 (日) 16時10分

おお~堂々とした開きっぷり!
そして相変わらずのモカちゃんですね。
今度、モカちゃんの頭に何かおいしい物を塗ってみたらぺろぺろしないかしら?猫パンチ炸裂しちゃうかな。^_^;

「SAYURI」ビデオになるのをひたすら待ってます。
CMで聴いた音楽がすごく印象的なんですよ。今からわくわくです。

投稿: ぺりお | 2006年1月15日 (日) 19時35分

>Etnaちゃんさま☆
ドドーン寝、しとやかさとは無縁のようですね(笑)これジェアちゃんもしませんか?(^^)
よそのお宅では仲良く身を寄せ合って寝る子たちもいるというのに…ほんとにうちの2にゃんときたら~。
猫にも順位ってあるのですか!そういえば野良猫にもボスっているみたいですもんね。うちの場合は、うーん、モカが上位とはとても思えないんですけどね~(-_-;)

SAYURIですが、私も最初はなんで日本人の役を中国人が?って思いました。
なんでも聞くところによると、初めは日本人女優を対象にオーディションを行ったそうです。でも監督の気に入る人がいなかったそうで…そこで対象を日本からアジアに広げてキャスティングしたみたいです。更には知名度のある女優さんの方が興行収入も見込めるという考えもあったのではないかと…(^_^;)
ちなみにこの監督さんは、前作の「シカゴ」でも実際にはあり得ないキャスティングをしたそうですよ。あまりリアリティにとらわれないで、自分の思い描く世界を大事にしている方なんでしょうね~。
ま、日本人にはちょっと???な部分もありますが、「これはハリウッド映画なんだ!なんでもアリなんだ!」と割り切って観ました(笑)
映画といえば、イタリアの映画も叙情的で素敵な作品が多いですよね~。イル・ポスティーノなんてもう大好きです♪

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 20時32分

>ちかさん
こんにちは♪
SAYURI、ちかさんも既にご覧になってるはずだと思ってましたよ~(*^_^*)
日本の話だけど、日本映画では観られない面白さがありましたね。
私は元々芸者さんの世界に詳しくないので(というか、着付けなどにも詳しくなかったりしますが^^;)、かえって新鮮な気持ちで観ることができたような気がします。でもあれが花柳界なんだ~と思ってしまったらいけないですね(^_^;)ああでも外国人はあの映画を観てそう思ってしまうのか。。。
ツィイーちゃんの可愛らしさは想像以上で、今までよりもっと好きになりましたよ♪
かおり姐さん、、、地味に存在感ありましたね(^^;)彼女の起用に拍手~。豆葉姐さんも初桃姐さんも凄くよかったですよね!なんでも原作者の方はコン・リーの演技を絶賛してたとか(ツィイーちゃんには不満があったみたいですが)。あと忘れてならないのは、子役の大後寿々花ちゃん。上手かったですねー。
ちょっと長めの映画だったので途中だるくならないかな~と思っていたのですが、全然そんなことはなく時間が過ぎていきました。コメディではないけど、気楽に観られるハリウッド映画に仕上がってましたね^^

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 20時52分

>シエナにゃんさん
リンクありがとうございます!
早速こちらからもリンクさせていただきますね(*^_^*)
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします♪

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 20時54分

>liuliuさん
SAYURI、やっと観てきましたよ~。そういえばliuliuさんは早々に観に行かれると言ってましたもんね(*^_^*)
ほんとに映像が綺麗でしたね~。あれほとんどアメリカで撮ったんですよね?衣装や小道具なんかももちろんだけど、花街という舞台をよく何もないところに作り上げたなあと感心したりして。
ところどころ日本語がポツポツと入っていましたけど、あそこは逆に外国では字幕が入るんですね~。
はは、ツィイーちゃんの「お姐さん」は可愛くて結構私好きです(笑)でもなんで工藤夕貴さんの「おカボ」だけ日本語ではなく「パンプキン」なんでしょうね。いや、「かぼちゃ」という名もどうかと思いますが…(~_~;)
女優陣はそれぞれの個性がとても光ってましたねー。私は豆葉さんが一番好きでした♪でも初桃もなんか哀れで。。。
ペーパーバック…ひいひい言いながら第1章だけ読みました。とりあえずさゆりが「よろいど(鎧戸?)」という小さな漁村で生まれたことだけはわかりましたが…これ実在しない地名ですよね?(^_^;)私にはすんごく難しいですが、少しずつ読んでいこうと思います。日本語訳も機会があれば読んでみたいなぁ。

ポロンはモカがしつこい性格なのでやれやれと思っているのでしょうね~。モカがもっと優しく&甘え上手になればいいのにと思います。猫同士の関係も難しいものですね~。

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 21時26分

>タイタン王子どの☆
ポロンはモカのことがあまり好きではないようです~。それに対してモカは、嫌がられても結構後をついていったりするから、もしかして本当は一緒にいたいのかな・・・でも絶対女の子に好かれないタイプだと思います(しつこい、ずうずうしい、学習しない)^^;猫同士より人間と仲良くする方が得意なのかも。。。

「はなまち」の提灯…なんかあちこちで言われてますね~。それに居酒屋みたいだとも(^_^;)。
そういえば、相撲の取り組みをしていたのは舞の海ですよね?事前に知らなかったので「えっ?まさか!?(@_@)」っと目を疑いました。変なところで凝っていたんだなぁ~
あとは、中国語ブログの方でも話題になってたのですが、神社で鐘がゴーンはどうかと…(^^;)いや、もしかしたら京都にはそういう神社もあるのか!?うーむ。。。

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 21時58分

>ぺりおさん
はは、ポロンは年中開いてますよ~。女を捨ててる!?
モカはモカで、遠慮知らずだし・・・(-_-;)
そういえばポロンは、初めは結構モカに優しかったんですよ。モカが具合悪かった時など、ペロペロ舐めてあげたりもしてました。でもその時モカがすごく嫌がって…それ以来好きになれなくなったのかも。まったく。。。はち君とまる君はお互いグルーミングしあったりするのでしょうか?
この間「耳折れ兄弟」さんのとこで「またたびジャム」なるものを見たのですが、それをモカの頭に塗ったら舐めるかもしれないですね。試してみたくなりました♪でも酔っぱらって結局なんにもその時の事を覚えてなかったりして…(^^;)

SAYURIの音楽もなかなかでしたよ♪ところどころ中国風のテイストもありましたが(^_^;)
ビデオと言わずに今から映画館へGO!でも遅くないですよー!(^o^)/

投稿: みんみん | 2006年1月15日 (日) 22時14分

うちもモカちゃんタイプが多くて…。
仲良くすればいいのにといつも思います。

ミッシェル・ヨーさん、良かったですよね!
ファンになりましたよ〜(^_^)ニコニコ
アクション女優だったのに…。
そんなイメージありませんでしたね。

投稿: ろん | 2006年1月16日 (月) 00時30分

これまだみておりません。原作をだいぶ前に買ったけど、また読みそびれていましたら、、旦那がだれかに貸したって・・汗)

こちらでも 日本人じゃない人が芸者を演じるということで かなり賛否両論です。
でも、ハリウッド映画だといってしまえば、これはこれでいいのかも。
旦那曰く、原作は 実際しっかりと芸者と住んでいたとか、日本に長く住んでいたとかじゃないから あまりそういうのは興味ないと、、頑固親父のようなこといってました。笑

近日みてくるよていです。

ポロンちゃんかわいいーー

投稿: KUishinbouUS | 2006年1月16日 (月) 10時08分

神社でゴーン、あれは正しいんですよ(^^)

お寺の鐘ほどじゃなかったでしょ?
神社というと鈴という印象だと思いますが
本来は円盤みたいなドラのような物があるのです。
日本では戦時中、武器用物資として取り上げられてしまったのですが。

あれはあれで正式なんですよねー。
「じゃらんじゃらん」じゃなくて、どっちかといえば「ゴーン」。
わたしは音を聞いていて、ああ、時代考証ちゃんとしてるなと感心したのでした(^^;

投稿: タイタン王子 | 2006年1月16日 (月) 10時48分

>ろんさん
いやいや、ろんさんとこではちゃーんと「ひっつきむし」見られているではないですか~!うちは2にゃんしかいないのに、相性が悪いようで困ったものです…(-_-;)何かをきっかけに仲良くなってくれればいいんですけどね。モカがもう少し大人になれば上手くいくかな。。。

ミッシェル・ヨーの豆葉はかっこよかったですね。抑えめな演技がいいと思いました(^^)たしかに「グリーン・デスティニー」での彼女とはまた全然違った魅力がありましたね!
そういえばミッシェル・ヨーってボンドガールもやってたんですよね。どんな演技をしてたんだろう~。それもそのうち見ようと思います♪

投稿: みんみん | 2006年1月17日 (火) 00時07分

>Kuishinbouさん
作者のアーサー・ゴールデンは、実際に芸者をしていた方の体験談をもとに、イメージを膨らませてこの物語を書いたんですよね。
かなりのベストセラーになったと聞いていますが(全然私は知りませんでしたが^^;)、その元芸者さんに「芸者の世界について、事実と違うことを書かれた」とかなんとかで訴訟騒ぎにもなったとか…。私はその元芸者さんであるMineko Iwasakiさんが書かれた「Geisha of Gion」もできれば読んでみたいと思っています。比べてみるのも面白いですよね(でもいつのことになるやら…^^;)。

そうそう、ハリウッド映画だからなんでもありだって気持ちで観た方が、気楽でいいですよね!中国の方だと、また違う意味で賛否両論あるみたいですよ~。こちらは歴史的感情がありますから難しいですね。
いろいろありますけど映像が美しいのは確かですから…Kuishinbouさんも是非旦那様と楽しんできてください(^^)

ところで私、Kuishinbouさんの記事を見てあのフルーツケーキを購入しようと思っているのですが(友人と共同で)、レギュラーにするかダークにするかで迷ってます。レギュラーの方が8倍も売れてるんだそうですね。でもダークも美味しそう~。

投稿: みんみん | 2006年1月17日 (火) 00時20分

>王子どの
そうだったのですか!あの時代では、お賽銭を投げてゴーンは正しかったのですね。わぁ私全然知りませんでしたよ(^ ^;)ゞ調べてみたら、ちゃんと今でもドラを鳴らす神社もあるとありました。 教えていただきありがとうございます。勉強になりましたm(_ _)m

時代背景について知ってると知っていないとでは、映画の見方も変わってきますよね~。でもあの場面を見ておかしいと思った人って、結構いると思うんですよ(^_^;)ただ中には微妙に「これは違うだろう」という所もありますし、難しいですね。

中国語ブログでもSAYURIの事を書きたいと思ったのですが、せっかくだから中国語で書こうかなと思ったら、なかなか先が進まなくなりました。。。それに台湾・香港では公開されてるのに、大陸ではまだなんですよね。しかも公開するかどうか微妙になってきたとあちらのサイトで読んだんですけど…実際はどうなってるんでしょうね~。

投稿: みんみん | 2006年1月17日 (火) 00時42分

フルーツケーキの送料が、たくさんかっても、少なくてもさほどかわらないんですよね。
お友達との購入なら たくさんかってわけるのいいですね。

私は お店で両方試食しました。
私てきには、ダークがこくがあって好みですが、、オーダーしたのはレギュラーです。
やはり親しみやすい味やすいので。
実際たべてみて、レギュラーはもちろんおいしいけど、 黒糖関係が好きな私には ダークもねえ。。。
スパイスが若干大目らしいけど、このブランドのフルーツケーキは めずらしく どちらにせよ食べやすいケーキです。

甘いですよーーでも、美味しいコーヒーや紅茶があると最高。
他にもオーダーして食べた方は「激甘かとおおもったけど そうでもなかった」というものでした。 さてみんみんさんは・・

半々のがあればいいのにね。

投稿: kuishinbouUS | 2006年1月17日 (火) 09時47分

>Kuishinbouさん
レギュラーとダーク、どちらもそれぞれ美味しいんですね。
今回は3個入りのを買って、3人で1個ずつ分けようと思っているのですが、うーん、聞けば聞くほど迷っちゃいますね~(^_^;)

友人がレギュラーとダークの違いについて、調べてくれたんですよ。レギュラーは「ゴールデンレーズンとラムエッセンスが入っていて、ダークの8倍売れている」そうで、ダークは「マラサスっていう糖蜜やスパイス、(多分)完熟レーズンを使っているからダーク」だそうですね。ゴールデンレーズンやマラサスってよく分からないのですが(^^;)、なんだかどちらもそそられます。レーズンの違いも気になるし。
私も黒糖好き、そしてスパイスの効いたものも結構好きなので、ダークもいけるという予感がします。さてどちらを注文することになるやら。。。

甘いケーキと香り高いブラックコーヒー、この組み合わせ最高ですよね♪それにこれ、冷凍保存もいけるんですよね?少しずつ食べて楽しみたいです。今からわくわくしちゃうなあ!(まだ頼んでもいないけど)

投稿: みんみん | 2006年1月17日 (火) 13時24分

そうそう、、このケーキは レーズンがたくさんはいっているはずなのに、あまり見えないんです。
というのも ゴールデンレーズンだから。
ゴールデンレーズンは、黄緑の薄いいろのぶどうのレーズンで味がマイルドなんです。

マラセスというのは、こちらでは モラセスって発音なんですが、 茶色いこい蜂蜜みたいな黒糖みたいな液体です。これは 色の濃いクッキーなどの隠し味などにも入っていて コクを与えます。

室温で4ヶ月OK.冷凍したら 2年ぐらい持つんじゃないでしょうか。

まよいますねーー

送料が たくさん注文しても少なくても あまり変わらないんですよね。

投稿: kuishinbou | 2006年1月18日 (水) 05時46分

>Kuishinbouさん
先程食いしん坊さんのところにも書き込みしてきましたが、ちょっと悩み中です。。。

まずはどちらを買うかということですが、聞けば聞くほどどちらも食べてみたくなる~ということで、この際思い切ってレギュラーとダーク、両方注文してみることにしました♪もちろん友人たちも同じ意見だったので。
きっと食いしん坊さんが私の立場だったら、やはり同じ決断をしますよね?(笑)

で、早速注文しようとしたのですが、そうすると海外送料30ドルがそれぞれにかかってしまい、商品合計90ドルを超してしまうんですよ。これって変ですよね?
10個入りのを買っても送料は35ドルですから、3個入り×2の送料が60ドル以上もかかるのはどう考えてもおかしい。。。
それとも私のやり方がおかしかったのか…普通に選んでカートに入れただけなんですけどね(^_^;)

というわけで、注文作業はとりあえず中断しました。よく確かめてからでないと…もう少しよく調べてみます。

投稿: みんみん | 2006年1月18日 (水) 13時08分

今、ケーキの会社に問い合わせのメールをおくりました。
サイトの注文どおりだと、 箱ごとの送料しか出ないので、2セットなどの場合、、計算が変なんですよね。
それで、6本(2種類)が10本のケーキより送料が大きくなるのはおかしいので、なんとか安くならないかと 問い合わせしました。
返事をちょっと待ってみますね。

せめて10本いりのオオバコに一緒につめて 10本用の送料にしてもらえればいいのだけど。

投稿: Kuishinbou | 2006年1月18日 (水) 14時54分

>Kuishinbouさん
わ~、問い合わせしてくださったのですか!?す、すみません~(>_<)

やはりあの画面から注文しようとすると、送料はそれぞれに加算されてしまいますよね。
試しにいろいろな商品をどんどんカートに放り込んでみたのですが(^^;)、そしたら送料もどんどん増えて変なことになってました。
これだと、いろいろな商品を一度に買いたいという人には不利ですよね…。

そうですね、せめて10本入りと同じ送料なら助かるのですが。。。
…相手が英語なので、問い合わせることに躊躇してました(泣)
食いしん坊さんにまでわざわざお手数をおかけしてしまって、本当にすみません。会社からの回答をお聞きしてから改めて注文したいと思います。m(_ _)m

投稿: みんみん | 2006年1月18日 (水) 15時52分

http://www.formzu.jp/formgen.cgi?ID=c630788

みんみんさん、会社から返事が来ました。
いいお知らせですよ。
お手数ですが、 上記のメールフォームで 私にメールいただけますか?
空のメールでOKです。
詳細をお知らせします。

投稿: kuishinbouUS | 2006年1月20日 (金) 01時01分

>kuishinbouさん
メール見ました(^^)いろいろと本当にありがとうございます。
送料の件は問題ないようですね。サイトでそのまま注文しなくてよかったです(^^;)
ただ、3個入りのを2セット買うには直接言わないといけないんですね~。それはかなり厳しいので、友人にも相談してみますが、多分10個セットのを買うことになると思います。(もしかしたら友人と協力してFAX交渉に踏み切るかもしれませんが…さて食べ物のためにどこまで粘れるか!?)
予定より個数がかなり増えてしまいますけど、冷凍すればかなり長持ちするんですよね。保存しながらどうするか考えてもいいかな~と。欲しい人がいれば分けてあげられるし、自分でまた食べたくなるかもしれないし(笑)
いずれにせよ、両方の味を試す気持ちに変わりはないので…注文が完了しましたら、またお知らせしますね。これでまたもう1歩、ケーキに近づきました♪

投稿: みんみん | 2006年1月20日 (金) 12時30分

https://www.claxtonfruitcake.com/recipeguide.html?PHPSESSID=a4cfe859cb51448254f7eba0696aabdb

フルーツケーキを利用してのレシピページです。
たとえば、、ココナッツボールというのは、 あのケーキを丸めて(一口大)まわりにココナッツをまぶしたり(トリフチョコみたいにね)して、おしゃれにしたり。
クッキーレシピは、 クッキーにこのケーキを混ぜ込んで作るとか。
あと 細い棒状にして、チョコレートでコーテイングしたり。
簡単なレシピがいっぱい。
いずれにせよ、保存が利くので(冷凍なら1年以上はかるく)大丈夫だと思います。
私は今2本目食べてますけど、あきないですね。 毎日ちょっとづつと決め手食べてます。

今、ファックスでの注文のしかたも 問い合わせています。電話で注文は厳しい状況なので、、と伝えたので。

でも、やはり10本がいいかもですね。

投稿: KUishinbouUS | 2006年1月20日 (金) 12時56分

>kuishinbouさん
レシピページ、見ましたよ~(^_^)
ほんと、いろいろな楽しみ方ができるんですね!こ、これはハマると何本でもいけてしまうのではないかしら。。。
食いしん坊さんが飽きずに食べられるのなら、私もたぶん大丈夫だと思います。甘さ控えめのお菓子も、甘~い物も、どちらにも対応してる舌なので(^^)←要するに美味しい物はなんでも食べるってことですね^^;

あとそれから、FAXでの注文方法についても教えていただき、ありがとうございますm(_ _)m後はもう、問題なく注文できると思います。
本当に、何から何までお世話になってしまって申し訳ないです(^_^;)
友人に最終確認をとって、明日(いや、もう今日ですね)にでも早速注文しますね!

投稿: みんみん | 2006年1月21日 (土) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106570/8152999

この記事へのトラックバック一覧です: 横取りは日課:

« 脳力を鍛えよう! | トップページ | 川霧 »