2005年9月27日 (火)

旭岳登山

先週の土曜日(24日)、大雪山系の旭岳に登ってきました。
標高2290メートル、北海道で一番高い山です。

麓は結構いいお天気だったのですが、上の方は雲がかかっていて、登るにつれだんだん視界不良に。快晴の中の登山とはいきませんでしたが、それなりに紅葉の景色を楽しむことはできました。

中腹まではロープウェイを利用。これは駅を降りたところ(5合目付近)。この時はまだ頂上が見えていました。紅葉真っ盛り、連休のさなかということで、かなりの登山客で賑わっていました。撮影は全て旦那によるものです。私はそんな余裕なし!
yama-2


赤やオレンジに色づいてきた山の木々。
yama-1


さて登頂開始。登り初めてすぐに曇ってきました。でもここでひるんではいられない!
下界に広がる紅葉の景色。
yama-4 yama-12


7合目~8合目あたりが一番きつかったです。何度も休憩をとりながら登りました。
山頂に近づくにつれ、雪も見えています。クリックすると、山際の小さい点々(人)がおわかりいただけるかと思います。
yama-3 yama-5

そして、ようやく山頂に到着。約2時間かかりました。思ってたよりは早く着いたかな。
yama-7

(左)山頂からは、なにも見ることができず。(右)山頂付近の雪。私は手袋を忘れて、このあたりはかなりつらかったです(撮影の時だけ手袋着用)。
yama-8
yama-9



下山中の風景。この時にはもう、下界もよく見えなくなっていました。
yama-10

湧き上がる噴煙。 硫黄臭い!
yama-13

そして無事下山。登頂中は悪天候でしたが、下界に広がっていた色づく山の景色はとても綺麗で、一足早い秋を(そして冬も!)ちょっとだけ堪能できた気がしました。頂上が晴れてたら言うことなしだったのになあ!

それと、私は普段はいているスニーカーで登ってしまったのですが、山歩きにはやはり山用のシューズが一番ですね(^^;)

さて、翌日筋肉痛で全身が引きつっていたのは、言うまでもありません。。。今もまだ少し痛いです。やっぱり運動不足だわ。でも登ってこれて、よかった!!

旭岳:自宅からの所要時間・・・約1時間(ロープウェイ乗り場まで)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

富良野ドライブ

またまた、富良野にドライブに行ってきました。
ラベンダーの時期は過ぎたけど、まだいろいろなお花が咲いています。

久々に富良野チーズ工房富良野ワイン工場にも行ってみました。試食&試飲でお腹いっぱい!
ちなみにチーズ工房で売られている「チーズスティック」、これはなかなかの絶品でおすすめです。1袋500円は少々お高い気もしますが、たまにはいいやということで購入。
Dscf0053

普通のチーズスティックパイとは香りも味もひと味違う!





この日ふらふらっと立ち寄ったのは、新富良野プリンスホテル横の「ニングルテラス」。倉本聰氏がプロデュースした、素敵な場所です。(「ニングル」とは森の知恵者のこと。倉本氏の著書に登場。)森の中に小さなログハウスが何軒も並んでいて、その一軒一軒で、自然素材をモチーフにした手作りのオリジナル商品が売られています。

Epsn3033 

それぞれのログハウスには「ふくろうの家」「紙々の森」「森のろうそく屋」などの名前がついており、ガラス細工やろうそくや銀細工など、それぞれのテーマに沿った商品を扱っています。

Epsn3128
先日紹介したキタキツネは、このニングルテラス内で出会ったものです。ここの常連っぽい風格を漂わせていました。(^^;)

「北の国から」の舞台となった麓郷もいいけど、このニングルテラスもなかなかお気に入りの場所なのです。
夕暮れ時になると灯りが入り、更に幻想的な空間を醸し出します。^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

昼下がりの遭遇

んっ!あれは!?

Epsn3133

このしっぽはまさしく、、、
Epsn3119


キタキツネだあー!!!
Epsn3123


思いっきりくつろいでますねぇ。。。
Epsn3130



注:このようにキタキツネにばったり出会っても、触ったり食べ物をあげたりしてはいけません!

見るだけにしておきましょう!
これは、エキノコックスを予防するためにぜひ覚えておかなければならないことです。
(詳しくはこちらを参照下さい)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

夜の動物園

昨日、旭山動物園でお盆期間だけ行われている「夜の動物園」を見に行ってきました。

これは営業時間を夜の9時まで延長して、普段見られない夜の動物たちの姿を見学しようという試みなのです。

動物園に到着したのは8時近くだったのですが、昼間と変わらずかなりの人混みでした。実は今回が二度目なのですが、数年前に行った時より格段に人出が多くなっています。建物にはイルミネーションが施され、入口近くには夜店もいろいろ出ていました。まるでお祭りのよう。

メインの目的はほたるを見ること。夜の動物園の時だけ「ほたるの小径」というものが作られ、たくさんのホタルを見ることができるのです。野生のホタルを見たことのない私にとっては、またとない機会。入場すると同時に、脇目もふらずにほたるの会場へと向かう!

するとそこにはやはり、かなりの行列ができていました。
ほたるのために我慢して並ぶ。待って待って、ようやくホタルとご対面。ホタルって思ったより小さいのですね。地面にたくさんの光が点滅していました。ほんとは空中をあちらこちら漂っている姿を期待していたのですが・・・

ちなみにホタルのために並んだ時間は30分近く!
実際にほたるの小径を歩いた所要時間は3分! (^_^;)

ホタルを見た後は、もう時間があまりなかったのですが、なんとかあざらし館、ぺんぎん館、もうじゅう館だけ見ることができました。ヒョウやライオン達はやはり夜の方が活発に動き回っていて面白かった。

写真も撮りたかったのですが、時間がなかったのと薄暗い中撮るのが困難だったため、こちらはあきらめました。夜景も綺麗だったのだけどね。。

ちなみに夏場のせいなのか、トイレの臭いがかなりキツかったです。臨時に設置した簡易トイレのせいなのか。。(バイオトイレが原因ではないと思う)・・・周りからも「うっ!クサッ!!」と声があがっていました。これは改善の必要がありそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年7月31日 (日)

紫陽花のある酒蔵

実家の父に贈るお酒を選びに、「男山酒造り資料館」へ行ってきました。ここでしか買えない限定酒をゲットするのが目的です。(あと試飲も)

到着すると、そこは今が真っ盛りと咲き乱れる紫陽花でいっぱい。ほとんど冬にしか行ったことがなかったので、この時期こんなに綺麗な紫陽花が見られるなんて、全く知りませんでした。早速デジカメを取り出して撮影開始。

ajisai-2

ajisai-1

ajisai-3

ajisai-4


朝露に濡れてとてもみずみずしく、綺麗な紫陽花たちでした。こんなにいろいろな種類を見たのも初めてのような気がします。上の写真は赤っぽいものが多くなってしまったけど、私は青や紫のものが好き。

意外なところでお花を堪能できて嬉しかったです。限定酒も無事ゲット。自宅用にも1本ゲット。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

日本最北の動物園

最近話題の「旭山動物園」に行ってきました。私が北海道に来た頃はまだ何の変哲もない動物園だったのですが、毎年のように新しい施設が増えて、今ではもう上野動物園に追いつく程(月間来園数では抜いたことも)の人気動物園になっています。

その魅力はなんといっても、ユニークな視点による動物の展示方法にあると思います。動物自体はどこの動物園にもいるものばかりなのですが、その見せ方が上手い。動物たちが本来持っている特徴を上手く活かした施設作りに力を入れた成果が、ここで十分に発揮されているのです。
ですから例え珍しい動物がいなくても、また来たいという気持ちにさせてくれる。実際リピーターが多いようです。

今日は平日にもかかわらず、結構多くのお客さんで賑わっていました。観光バスもかなり止まっていました。でもどの施設も大混雑はしていなかったので、楽に見て回ることができました。

zoo1


もうじゅう館にて。くつろぐユキヒョウ。真下から眺めることができます。




zoo2


氷の中のエサを取ろうと必死のサル。サル山は外から中から、いろいろな高さから眺めることができます。これは建物の中の小窓から撮影。



zoo4


おらんうーたん館にて。おやつにつられてオランウータンが空中散歩をしてくれました。本当はロープを渡っているところを載せたかったのですが、逆光で上手く撮れませんでした。








zoo3



あざらし館にて。円柱型の水槽をあざらしが行き来する様子を観察できます。上から下から現れて、楽しそうに泳いでいます。この円柱をあざらしが通るたびに歓声が沸き起こります。










そして驚いたことには、今も新たな施設の工事が行われていました。その名もくもざる・かぴばら館。今夏オープン予定だそうです。また新しい見所ができると思うとわくわくします。これはまた行かねば!

| | コメント (14) | トラックバック (0)